ウィルス

バイキンやウィルスなどの病気を引き起こす病原微生物、すなわち病原体が口から肺の中へ入り込み罹患してしまい、肺の内部が炎症反応を示した様子を「肺炎」と称しています。
2005(平成17)年以降新しく特定保健用食品のパッケージにおいて「食生活は主食、主菜、副菜を基本に、食事のバランスを」といった注意喚起の文句の明示が食品メーカーに義務付けられた。
暗い場所では光量不足によりものが見えづらくなりますが、更に瞳孔が開くので、レンズのピントを合わせるのに不必要なパワーが使用され、日の差す場所でものを見るよりも疲れるのが早くなるといえます。
うつ病は副交感神経が優位になると脳で分泌される神経伝達物質であるセロトニンが不足することにより、強い憂うつ感、不眠倦怠感、疲労感、食欲不振、体重減少、強い焦燥感、顕著な意欲の低下、「消えてなくなりたい」という希死念慮、そして重症の場合自殺企図など様々な症状が出現するのです。
もしも血液検査で残念ながら卵胞ホルモン・黄体ホルモンの分泌量が足りず早発閉経(早期閉経)だと判明したら、不足している分の女性ホルモンを補てんする手当などで治せます。
耳鳴りには性質の異なる2種類が存在し、当事者しか感じないような「自覚的耳鳴り」と、血が流れる音のように本人に加えて他の人にも高性能のマイクロホンなどを利用したりすると響いているタイプの「他覚的耳鳴り」とがあり、処置の仕方が変わります。
上が140以上、下が90以上の高血圧が長く続くと、身体中の血管に大きなダメージがかかり、身体中のあちらこちらの血管にトラブルが起きて、合併症を起こす度合いが高まると言われています。
70才以上の高齢者や病をお持ちの方などは、際立って肺炎に罹患しやすくなかなか治らないと言われているので、常日頃から予防する意識や迅速な処置が肝要です。
現代のオペ室には、ラバトリーや器械室、手術準備室(operating preparation room)を設けさせ、オペ中に撮影できるX線装置を設置するか、そうでなければ近辺にX線のための専門室を併設するのが常識となっている。
前立腺という生殖器は生育や働きにアンドロゲン(雄性ホルモン)が大変深く関係しており、前立腺に現れてしまったガンも同様に、アンドロゲン、すなわち男性ホルモンの影響で大きく成長します。
下腹の疼痛を特徴とする病気の一例として、虫垂炎と間違うことの多い大腸憩室症、5mm~10mm大の石ができる尿路結石症、大腸粘膜にびらんができる潰瘍性大腸炎、細菌感染などによって腹膜が炎症を起こす急性腹膜炎、子宮の病気などの病名が聞かれます。
薬、酒に含まれるアルコール、合成発色剤を始めとした食品への添加物等を酵素により分解して無毒化する働きのことを解毒(げどく)と称し、肝臓が果たしている主要な機能のひとつなのです。
春に患者が増える花粉症とは、山林の杉やヒノキ、マツ、ブタクサなどの様々な植物の花粉に誘発され、クシャミ・目の痒み・ノドの痛み・鼻みずなどの辛くて不快なアレルギー症状を起こしてしまう病気だということは、今や常識となりました。
トコトリエノールの効果の中では酸化を遅らせる作用が一番認識されてはいますが、それ以外に肌を美しく保つ作用や、血清コレステロールの産出を抑えたりすることが確認されています。
脚気(beriberi)の症状は、手や足が何も感じない麻痺状態になったり脚のむくみなどがよく訴えられ、発症から時間が経ってしまうと、最悪の事態では呼吸困難に陥る心不全も誘発する可能性があるのです。
詳しく調べたい方はこちら>>>>>ed 治療